建て替えへの道 外構新たなるプラン

さて、前回は予算よりも15万円オーバーしているプランを見せられて
疲労感の増した外構の打ち合わせだったが
今回はプラン修正して、少しだけ・・・
本当に、ほんの少しだけ見積もり金額が安くなった。

でも、まだ予算オーバーである。
そもそも、設定している予算が妥当な金額であるかどうかが疑問だが
そこを何とか、プロの知恵と腕で

うまい具合に、やってほしい!!


外構は今のところ住友林業緑化にしかお願いしていないが、
他の外構屋さんに頼めば、もっと安くなるのではないか?!
そんな気がしてならないのだが、
玄関ポーチの途中までが本体工事になり、途中から外構工事になるという
面倒な状態であるため、
やはり、外部の外構屋さんに頼むより
スミリンつながりで工事してもらった方が何かと都合がいいような気がするので
住友林業緑化さんにはがんばっていただきたい! いろんな意味で・・・。



シサさんから提案してもらった「シーサンドコート」の塀、
私はいたく気に入っている。

建物の外壁は全面サイディングにしたが
スミリンの家を建てた人のブログを読んでいると
ほとんどがモルタル吹き付けの外壁にしている。

う~ん・・・やっぱり吹き付けにしたほうが良かったのだろうか?!

人の意見にすぐに左右される優柔不断な私は
ちょっと悩んでいた。

そんな悩みもこれで解消。
塀を吹き付けにする、しかもシーサンドコート!! 
こんな取り入れ方があったなんて~

その上、家の中のどこかに採用したいな~と密かに思っていた
ガラスブロックまでも塀に採用。

私の希望がこんなところで叶うなんて~。
すごい、すごいよ!!



ただし、そのシーサンドコートこそ、見積もり金額が予算に収まらない大きな理由のひとつでもある。
シーサンドコートをやめて、普通の化粧ブロックにすれば
8万円くらい安くなるのだ。
ガラスブロックだって、1個1000円くらいするものを5個も入れている。

駐車スペースのコンクリートには、普通の目地ではなく
レンガを入れた、レンガ目地を考えている。









うわ~ん、どうしたらいいんだ~~~!!




そんなわけで、どうにかコストダウンできないかと、
「こうしたら安くなる?」
「これにしたら、値段はいくら?」

などと、せこい話ばかりしてしまって
自分でも「嫌な客だな~」と思ってしまう。

しかし、自分の家であり、自分が、いや、オットがお金を払うわけだから、
納得のいくまで徹底的に相談させてもらってもいいじゃないか。
1円単位まで話し合ったっていいじゃないか。
と開き直った考えをしたりもする。


ああ・・・どうしたらいいのだ。










そのあと、なんと久しぶりに建築士ネッシーとお話しすることができた。


  ところで、設計士という言葉があるが、設計士という資格はない。
  資格の有無に関係なく、設計業務に携わっている人を
  設計士と呼んでいるようだ。
  明確な定義はないようだ。
  建築士は一級建築士、二級建築士、木造建築士という国家資格だ。
  それぞれに建築できる建物の制限があるらしい。
  (一級建築士には制限はない)
  われらが一級建築士ネッシーには、私なりに敬意を表して
  「建築士ネッシー」としている。

  だからなんだ、と言われると「別に・・・」としか答えようがないが。



いろいろと法律が変更されるとのことで、私たちに関係が出てくることについて
説明に来てくれた。
法律が変更されることによって、
建物の引渡しが10月1日以前になるか、以降になるかで
ちょっとした(いや、かなりの)違いが出てくるようだ。
私たちの家の引渡しが、ちょうどその微妙なラインにあるのだ。

まぁ、どうにでもなれ。
(いや、冗談。スミリンさんを信頼しております)



ネッシーにお会いするのは何週間ぶりだろう。
話したいことが山ほどあるのだ。
聞きたいことが山ほどあるのだ。

そんなことをひとつひとつ解消しているうちに
外はもう真っ暗。

ネッシーはいつものように穏やかな語り口。
なんだか癒される。

ネッシーのブラックな裏面など、想像できない。
まぁ、そんな一面があったらあったで面白いが。










この記事へのコメント